ConoHa VPSに用意されている17個のIPv6を各サイトに1つずつ割り当てる

今更気づいたんですけど、ConoHa VPSでは1つのサーバーに17個もIPv6が用意されていました(ちなみにIPv4は1つです)。

どうせなら今持っているサイト1つずつにそれぞれ異なるIPv6を割り振って、IPv6でもサイトを見てるようにしようと考えました。

そのために今回することは以下の2つです。

  • DNSにaaaaレコードを入力する
  • IPv6からのアクセスを許可する

DNSにAAAAレコードを入力する

まず最初に、自分のサーバーに用意されているIPv6を確認します。

ConoHaVPSの管理画面内にある、以下のような画面で「ネットワーク情報」をクリックします。

そうすると、「ネットワーク情報」のすぐ下に以下のように表示されるので、Ipv6をクリックします。

  • 表示NIC
  • タイプ (IPv4・IPv6)
  • IPアドレス

そうすると、先ほども掲載したような画面が現れます。これがあなたのサーバーで用意されているIPv6です。

では、1つのサイトに1つのIPv6を割り振ってみましょう。

IPアドレスの右側にあるコピーボタンをクリックし、同じくConoHa VPSの管理画面内にある、DNS設定の欄に移動します。

今自分がConoHaのDNS設定をしているドメイン一覧が表示されます。

IPv6を設定したいドメインを選択し、えんぴつボタンをクリックして編集を始めます。

  • タイプ:AAAA
  • 名称:空欄で可
  • TEL:空欄で可
  • 値:【さっきコピーしたIPv6をペースト】

上記のような感じに入力します。

これができたら保存して、ひとまずDNS設定は完了です。

IPv6からのアクセスを許可する

次にIPv6を使ってhttp(s)通信ができるようにします。

先ほどまでいたIPv6の一覧の画面の下にある「接続許可ポート」を探します。

(IPv4とは別にIPv6で接続許可ポートの設定ができます)

Webにチェックを入れるだけです。

これでIPv6からのアクセスができるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。