『UptimeRobot』を使ってサーバーダウンを監視する

エックスサーバーを使ってサイトを運営していたときは、基本的にはサイトやサーバーはダウンしないですし、あっても少しでした。

しかし、『ConoHa VPS』にサイトを移行してからは、しょっちゅうサイトやサーバーがダウンするようになりました。

もちろん、『ConoHa VPS』が悪いわけではありません。

自分がサーバーの維持・運営方法を全く知らないまま、VPSに手を出したからです。

とはいっても、『ConoHa VPS』をやめるつもりはありません。

何度もサイトやサーバーを落としてはいるのですが、サーバーの運営が結構面白かったりするのです。

そうなると、サイトやサーバーがダウンしたときに早く気付く必要があります。

ということで、今回は『UptimeRobot』を使ってサーバーダウンを監視する方法を考えました。

皆さんもサーバーダウンが監視していないかにぜひ使ってみてください。

『UptimeRobot』での設定

UptimeRobot』はサーバーが稼働しているか、数分おきに確認してくれる無料のサービスです。

  • Start monitoring for 30 secs
  • Register for FREE

のどちらかを選んでクリックします。

  • フルネーム
  • メールアドレス
  • パスワード

を入力し、『Register now』をクリック。

そうすると、『UptimeRobot』からメールが届くので、メール内のリンクをクリックしてアカウントを起動します。

すると、上記のような画面があらわれると思うので、左上の『Add New Monitor』をクリックします。

『Monitor Type』は『HTTP(s)』を選択。

『Friendly Name(わかりやすい名前)』とサイトのURL、『Monitoring Interval(監視する周期)』を設定します。

監視する周期は、自分の場合、比較的流入数が多いサイトは10分、ほぼないサイトは1時間にしています。

あまり頻繁にしすぎるとサーバーの負担になると思って、そこまで頻繁にはしていません。

そして、通知をするメールアドレスを選択します。

右下の『Create Monitor』をおして、次に移ります。

時刻・通知する条件の設定

では、時刻と通知する条件の設定をおこないます。

上記のように『My Setting』をクリック。

上記のように囲ってあるところで時刻を設定できます。

日本時間に変更してください。

次に、右上に四角く囲っているところにある鉛筆マークをクリックし、通知条件を設定します。

  • Up & down events(サイトが表示されるようになる&ダウンしたとき)
  • Only down events(サイトがダウンしたときだけ)
  • Only up evevts(サイトが表示されるようになったときだけ)

から、自分が望んでいるものを選択し『Save Change』をクリックします。

メールでの通知に気づけるようにする

たとえ通知が届くようになっても、気づかなければ意味がありません。

今回は、ほかのメールの中に埋もれないようにするような方法を考えます。

考えついた方法は以下のとおりです(iphoneの場合です)。

  • 『連絡先』というアプリに『UptimeRobot』を追加
  • 『メールボックス』のVIPリストに追加
  • VIPリストのカスタム通知を設定

『連絡先』アプリに『UptimeRobot』を追加

『連絡先』というアプリを開きます。

右上にある『+』ボタンをタップ。

『姓』に『Uptime Robot』、『メールを追加』に“Uptime Robot”のメールアドレス『alert@uptimerobot.com』と入力します。

補足
上の画像には「info@uptimerobot.com」となっていますが、正しくは「alert@uptimerobot.com」です。

設定が終わったら、右上の『完了』をおして、『連絡先』アプリは終了します。

『メールボックス』のVIPリストに追加

次に、『連絡先』アプリで先ほど登録した連絡先を『メールボックス』の『VIPリスト』に追加します。

『VIP』を追加をクリックし、『Uptime Robot』を追加します。

『VIP通知』をタップして、サウンド等を変更することで、サーバーダウンに気づきやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。