「ConoHa VPS」に「phpMyAdmin」をインストールする

かんたんKUSANAGIでは、かんたんにWordPress環境を作れますが、「phpMyAdmin」まではインストールされていません。

しかし、「phpMyAdmin」がないと、手動でサイト移行をする際には、データベースをインポートする難易度が上がります。

ということで、今回は「phpMyAdmin」をインストールしていきます。

この記事では、「かんたんKUSANAGI」を利用してWordPress環境を作っている前提で話を進めています。

「WordPress (KUSANAGI)」など、違う条件でおこなっている場合は、必要に応じて入力内容を変更してください。

今回の記事は以下の外部記事を参考にしています。

参考 KUSANAGI(超高速WordPress仮想マシン)にphpMyAdminを導入する方法合同会社 りょう

「黒い画面」にログイン

今回のインストールはいわゆる「黒い画面」でおこないます。

「ConoHa VPS」にログインし、右側にある「コンソール」をクリックします。

補足
「Tera Term」など、ほかのソフトを使用して操作を行っても問題ありません。

すると以下のような画面が表示されます。

ログイン名とrootパスワードが要求されます。

ログイン名は『root』を、パスワードは以前決めたrootパスワードを入力してください。

DocumentRootのディレクトリまで移動

「phpMyAdmin」はドメイン内の「DocumentRoot」内に作ります。

これは「public_html」と同じ役割のものです。

コマンドに、

コマンド
cd /home/kusanagi/【ドメイン名】/DocumentRoot

と打って、Enterを押します。

当サイトの場合、

コマンド
cd /home/kusanagi/action-sf-movie-trailer-matome.com/DocumentRoot

となります。

『https://』はつけないでください

また、コンソール画面左上の『テキスト入力』を使えば、コピペができます。

すると、「DocumentRoot」ディレクトリ内に移動できました。

もし、「DocumentRoot」ディレクトリ内に移動できず、「そのようなファイルやディレクトリは存在しません」と返ってきたら、おそらく【ドメイン名】のところが違うんだと思います。

「かんたんKUSANAGI」以外でWordPress環境をつくった人は、【ドメイン名】のところを自分で設定したものにする必要があります。

可能性の一つとしては、「kusanagi_html」があります。

「KUSANAGI」のサイトのプロビジョンを見て、思い出してください。

参考 KUSANAGIのプロビジョニングKUSANAGI

次に、「phpMyAdmin」をインストールします。

コマンド
wget https://files.phpmyadmin.net/phpMyAdmin/4.4.14/phpMyAdmin-4.4.14-all-languages.zip

と入力して、実行します。

次に、インストールしたものを展開します。

HTML
unzip phpMyAdmin-4.4.14-all-languages.zip

名前を変更します。

HTML
mv phpMyAdmin-4.4.14-all-languages phpMyAdmin

上記の「mv phpMyAdmin-4.4.14-all-languages phpMyAdmin」の「phpMyAdmin」は自分が好きなものに変えても問題ありません。

ここを変更することで、「phpMyAdmin」にアクセスするときのURLも変わってくるので、セキュリティー対策につながります。

上記のコマンドを実行したら、ウェブブラウザ上で実際にアクセスできるか確かめます。

URL
http://【ドメイン名】/phpMyAdmin/

アクセスできたら、インストール成功です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。