“Microsoft Flight Simulator 2020”に必要なスペック

2020年中に発売するとしている“Microsoft Flight Simulator 2020 (msfs2020)”を遊ぶために必要なパソコンのスペックを説明します。

これは、“Microsoft Flight Simulator 2020”のホームページ英語版を日本語化したものです。

“Microsoft Flight Simulator 2020”のホームページでは、スペックを3種類に分けて説明しています。

それは、

  • Min Spec (最小スペック)
  • Recommended Spec (推薦スペック)
  • Ideal Spec (理想スペック)

です。

それぞれのスペックを説明していきます。

“Microsoft Flight Simulator 2020”のMin Spec (最小スペック)

https://www.flightsimulator.com/save-the-date-04-21-20/から引用

最小スペック

“Microsoft Flight Simulator 2020 (msfs2020)”のホームページに書かれている最小スペックの値です。

“最小スペック”とは

一般に、ゲームを遊ぶのに最低限の性能はあるスペック。

  • 遊べるのなら細かい描写はなくてもいい
  • 遊べるのなら多少カクカクしてもいい

という方はこれでも大丈夫でしょう。

お金に余裕があるなら“最小スペック”より“推薦スペック”をオススメします。

  • OS:Windows 10 November 2019 Update (1909)
  • CPU:Intel I5-4460 / Ryzen 3 1200
  • GPU:NVIDIA GTX 770 / Radeon RX 570
  • VRAM:2GB
  • RAM:8GB
  • ストレージ:150GB HDD
  • 帯域幅:5Mbps

“Microsoft Flight Simulator 2020”のRecommended Spec (推薦スペック)

https://www.flightsimulator.com/save-the-date-04-21-20/から引用

推薦スペック

“Microsoft Flight Simulator 2020 (msfs2020)”のホームページに書かれている推薦スペックの値です。

“推薦スペック”とは

ゲームを快適に遊ぶことができる性能があるスペック。

基本的には、この程度のパソコンがあれば大丈夫です。

ただ、高いレベルで遊びたいという方にはその限りではありません。

  • OS:Windows 10 November 2019 Update (1909)
  • CPU:Intel i5-8400 / Ryzen 5 1500X
  • GPU:NVIDIA GTX 970 / Radeon RX 590
  • VRAM:4GB
  • RAM:16GB
  • ストレージ:150GB HDD
  • 帯域幅:20Mbps

“Microsoft Flight Simulator 2020”のIdeal Spec (理想スペック)

https://www.flightsimulator.com/save-the-date-04-21-20/から引用

理想スペック

“Microsoft Flight Simulator 2020 (msfs2020)”のホームページに書かれている理想スペックの値です。

  • OS:Windows 10 November 2019 Update (1909)
  • CPU:Intel i7-9800X / Ryzen 7 Pro 2700X
  • GPU:NVIDIA RTX 2080 / Radeon VII
  • VRAM:8GB
  • RAM:32GB
  • ストレージ:150GB SSD
  • 帯域幅:50Mbps

まとめ

いかがでしたか。

今回の記事はこれでおしまいです。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。